実際の案件で目立つJavaスキルの要求

フリーランスのエンジニアが案件を見るときには仕事の内容と共に要求されているスキルを確認するのが一般的です。現状としてどのようなスキルが求められているかを知っていると独立する上で何を学んでおくべきかがわかるでしょう。
現状としてはプログラミング言語ではJavaのスキルを要求している案件が目立ちます。他のプログラミング言語でも良いというパターンもありますが、Javaのみに限定されていることも少なくありません。全体としてJavaを扱えるエンジニアの数に対し、Javaの使い手が必要とされている現場が多くなっているのが原因です。

Javaは汎用性も将来性も高い言語として着目され、それまでは他の言語で構築されてきたシステムもJavaに移行する傾向が強まりました。システムの移行は短期的な業務で済むため、フリーランスのエンジニアを活用する場面として適しています。一時的な戦力として重視し、即戦力になる能力を持っているエンジニアを起用してシステムの移行が行われています。

一方、その結果として維持管理しなければならないシステムがJavaベースになっていることが多くなりました。その役割りにも、フリーランスのエンジニアが求められています。
長期的に依頼するケースもあるものの、一時的に起用してルーチンで管理できる体制を整えてもらい、最後に正社員のエンジニアに業務を引き継いでもらうという形も珍しくありません。Javaの利用範囲が広がっている影響で関連する案件が増えているのです。